葉酸とはどんな栄養素?

「葉酸」とはどんな栄養素かご存知でしょうか? 特に男性諸氏はあまり耳にしたことがないかもしれません。これは実はビタミンのひとつです。ビタミンB群の水溶性ビタミンと分類されます。葉酸という名前の由来は、葉物をはじめとする緑黄色野菜、豆類、レバーなどに多く含まれるためです。その目的として、細胞分裂に不可欠ということが挙げられます。葉酸は別名「血をつくるビタミン」とも言われ、血液を含め多種多様な細胞分裂に役立ちます。特に妊娠している際には大切な栄養素のひとつであると考えられており、妊娠中の摂取量は一般の成人の倍は必要とされています。多くの葉酸を摂取することで、神経管に起こりうる先天異常の発症リスクを低下させる効果があることが判明しています。このため、妊娠初期には積極的な葉酸の摂取が呼びかけられているのです。また、葉酸は妊娠初期の女性にとって恐ろしい悪性貧血や妊娠中毒症の改善にも有効とされています。ちなみに、妊娠をしていない場合も不要な栄養素ということはないのですが、従来の必要量はさほど多くないため、通常の食事で十分に摂れてしまうのです。このため、普段ほとんど注目されることはないのですが、実際には極めて重要な栄養素のひとつであると言えるのです。

1日に必要な葉酸の量とは

葉酸は普通に生活しているぶんには、さほど多くの量が必要とはされない栄養素です。15歳以上のいわゆる大人が必要とする量は、1日あたり200マイクログラム。この量は普通に食事をしていると摂取できる量とほぼ同じです。逆に言うと、意識をしないとこれより多い量を摂取するのは難しいのだそうです。しかし、妊娠初期の女性が必要な量はなんと1日あたり400マイクログラム。つまり倍です。普通の食事から葉酸を摂るとすると、倍の量の食事を食べなくてはなりません。もちろんこれはとても難しいことであり、国民栄養調査(平成14年)によれば、プレママ世代の1日の葉酸摂取量は、300マイクログラム未満だそうです。(20代で262マイクログラム。30代で273マイクログラム)。意識して摂取、と書いていますが、実際にはこれもなかなか大変な話であり、水溶性のビタミンである葉酸は、加熱することで食品に含まれるうちの半分近くが流失してしまうのです。つまり食事から摂るには、生野菜を大量に食べなくてはいけないわけです。このため、400マイクログラムを達成できる女性はほとんどいないそうで、それをサポートするために、さまざまなサプリメントが発売されているのです。

 

関連:即日サラ金
即日融資可能なサラ金を使えば、スグに葉酸を購入することが出来ますが、サラ金の利用は計画的にしましょう。